浮気調査の金額について


「浮気調査を依頼したら、当初予定していた金額よりも多く請求されました。」
「諸経費という料金が存在するのを知りませんでした。」
「まだ調査していないのに、キャンセルするにはキャンセル料がかかるってい言われた。」

探偵の広告では、格安金額が目につく所に書かれていることが多いです。けれど広告の金額は見せかけで、広告をよく見ると「円〜」と定額なのではなく、金額に幅があることがわかります。とはいえこれは探偵に限ったことではなく、他の業種でも注意してみると意外に多い金額表示の方法です。何をするにも、金額というものは気になるところ、まして浮気調査の後、離婚を考えているのであれば、少しでも浮気調査の金額を抑えたいと考える人は少なくないはずです。そこに目をつけ、この表示方法をしてるのか否かは定かではありませんが、浮気調査の金額に関連するトラブルは、決して少なくないそうです。

依頼者側のチェック不足も否めない、金額トラブルもあります。それは、調査をキャンセルする時のキャンセル料に関するもの。
まだ本調査を行っていなくても、契約が締結された後にキャンセルすれば、多くの場合キャンセル料が発生します。
「調査をしてないんだから、料金が発生するのはおかしい。」と考える人もいるようですが、契約が完了すれば、調査予定を入れ調査にあたる人間の予定の調整をつけ本調査の前の予備調査を行ったりと、依頼者の見えないところで準備は進められているものです。
「調査前、○日からキャンセル料が発生します。」「契約後はキャンセル料が発生します。」など、契約時に説明も受けるはずですが、依頼者も確認しておくことが必要です。

もしも浮気調査を頼むなら、金額のどのあたりに注意を向ければいいのかなど、浮気調査の金額についての情報を紹介しています。
 

浮気関連リンク
興信所の調査力を知りたい人へ
依頼の前に確認しておきたい、興信所の調査力の見極め方について紹介しています。

盗聴発見業者を探す
プライバシーを漏えいさせない、セキュリティ対策のために使う盗聴器発見を大解剖。
 



浮気調査の金額を知る All Rights Reserved.